日々旅遊ぶ

ARTICLE PAGE

北海道の旅0〜1日目 2018年7月4〜5日

学生時代も、卒業したタイミングも、仕事を変えるときも、
いつもいつも旅をして生きてきました。
3月末に退職した手塚建築研究所では勤続6年半。
手塚事務所に在職中、そろそろ旅に出ないと死んじゃう!とワガママ言って有給もらって
2週間ほど群馬、新潟、佐渡、山形あたりを放浪した旅からちょうど3年。
安曇野に暮らすようになって、旅欲はそんなにないと思ってたけど、やっぱり。

釧路川をパックラフトでダウンリバーしようというお誘いをいただいて、
2つ返事で行く!と言ってからはや数ヶ月。
北海道は実は一度も行ったことがなかった。
一日二日で満足できるスケールの土地ではないことは明らか。
どうせならゆっくり、山とか川とか、旅してみたいと思っていたので、マイカーで新潟港から小樽までフェリーで行くことにしました。

本当は、大雪山黒岳旭岳からトムラウシまでゆっくりテントで縦走がしたかったのです。
時間があったら他の日帰りで行ける山も登ろうと思ってた。
でもちょうど北海道に前線が停滞し始めたタイミングで、出発を少し遅らせて、
さらに台風まできてしまって、どうしようかなあと思いながら、金曜日の晴れ間を信じて、
水曜日に新潟港を出発。新潟11:45発、小樽には次の日の朝4:00に到着。
フェリーの中、いつ電波がなくなるかわからない状況で天気図とにらめっこ。
大陸側からの高気圧。暑寒別岳なら晴れるかもしれない。とりあえず、そっちに向かおうと決意。

小樽に早朝着いてしまったけれど、そんな時間でも食べられる市場の食堂にて、朝ごはん。
シャケが美味しかったなあ。
朝ごはんを食べながら、今夜は暑寒別岳の登山口で泊まろう、でもそれまで何しようかなとぼんやり考える。
海沿い走る道だから市場とかありそうだなと、厚田と増毛に興味がわく。
増毛はウニが美味しいらしい。ウニ食べたい。ウニがとても食べたい、、!!!!

そんなわけで、厚田港の朝市にてタコ脚とハタハタのいずしをゲットし、増毛に向かう。
天気は雨だったけど、台風だったわりには上々じゃない?
ちょっと荒れた海をみながら、明日は晴れるかなあとぼんやり運転。
増毛にようやく着いて、お寿司屋さんで、甘エビウニ丼を注文。
出てきた丼が、美しい、美しい、なんてツヤツヤなの、、、!!?

さて、ここで食べたウニが、もうあまりにも世界最高に美味しすぎて、
雨の憂鬱もなにもかも、ふっとんでしまったわけです。
間違いなく人生最高のウニでした。美味しいものは偉大。

ウニに満足してちょっと増毛の町も観光してから、温泉に入って、登山口へ。
立派な避難小屋の前のベンチで、さっきゲットしたタコをタコ飯と煮物にしてやりました。
厚田で買ったいずしと増毛で買った日本酒も美味しい。
それにしてもカラスがすんごい狙って来るので、しぶしぶ食べるのは車に移動。
登山口は圏外。調べ物もできないし、車の中を車泊用にセッティングして、早めに就寝。
北海道、めちゃくちゃ寒い!
ウトウトしながら窓の外をみると、少しずつ晴れてきてる!
明日は絶対いい天気。確信を持って、凍えるほど寒い中、わくわくと眠りにつきました。

20180710200033d12.jpeg
20180710200239ccf.jpeg
20180710195913ea8.jpeg

7/4

11:45 新潟港

7/5

04:00 小樽港

朝ごはん食べてちょっと昼寝

10:30 厚田港

12:30 増毛

16:00 暑寒別岳登山口

20180710195846ac3.jpeg
2018071019584845a.jpeg
201807101958496ea.jpeg
201807101958508a3.jpeg
20180710195900ace.jpeg
20180710195901582.jpeg
20180710195913ea8.jpeg
20180710195914159.jpeg
2018071019591572b.jpeg
20180710195931ee9.jpeg
201807101959325dc.jpeg
20180710195933776.jpeg
20180710195934360.jpeg
20180710195955347.jpeg
201807101959563bd.jpeg
20180710195957f02.jpeg
2018071019595977e.jpeg
20180710200012fef.jpeg
2018071020001303a.jpeg
201807102000144ac.jpeg
20180710200015388.jpeg
2018071020003206e.jpeg
20180710200033d12.jpeg
20180710200034c39.jpeg
20180710200035023.jpeg
201807102000481e7.jpeg
20180710200049b5f.jpeg
20180710200050f16.jpeg
20180710200052f58.jpeg
201807102001053d9.jpeg
201807102001066d8.jpeg
20180710200107d8a.jpeg
2018071020010936c.jpeg
20180710200216c55.jpeg
201807102002177e2.jpeg
20180710200218018.jpeg
20180710200219f6a.jpeg
2018071020023706e.jpeg
201807102002381cf.jpeg
20180710200239ccf.jpeg
2018071020024121d.png
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply