日々旅遊ぶ

ARTICLE PAGE

白馬鑓温泉BCスキー 2019年5月12日

今シーズンのスキーは晴天の立山でおわりだと思っていたのだけれど、
スキー上手な友人が白馬にいるから遊ぼうよと言うので、
じゃあ晴れそうだしどっか山に行きたい!ということで白馬鑓温泉に行ってきました。
今シーズンなんとかバックカントリーの装備をひとしきり揃えて、ツアーには結構行ったけれど
ガイドさんのいない山は初めて。ドキドキわくわくしながら登りました。

5月中旬とあって雪はすでに茶色い感じ。ボコボコで歩きにくい。やっぱり3月とは違うよねー。
真っ白い雪がちょっと恋しくなりながら、じゃんじゃん登って絶景ポイントまで。
空が青くて最高でした。
そこから一旦滑るモード。雪がギザギザで超滑りにくい。滑るの楽しむ余裕もなくコケないように慎重におりて、
水場で休憩してからまた登り。今度はようやく鑓温泉へ通じる登り、数人のスキーヤーが気持ちよさそうに滑りこんできたのでテンション上がりました。

ツアーの登りに慣れちゃってたので先導してくれてた友人の後ろにぴったり付いて登っていたら、
あんまりプレッシャーかけないで!もう先に行っちゃって!と怒られたので、しぶしぶ先に。
粛々と誰かの後についていくほうが楽なのだけど、自分のペースでどんどん適当に登ってこれはこれで楽しい。
でもバックカントリーの登りは夏山とかと比べると随分しんどいよね。
足の使い方が一定だから疲れが溜まるし、スキーは重いし、あんまり景色も変わりばえしないし。
私は夏山を知ってるから山が大好きだけれど、冬だけ登る人はかなりの変態なんじゃないかと思うのです。
景色は素晴らしいけどね。もちろん滑るのがみんな好きなんだけれど。

さて、鑓温泉のちょっと上まで登って、素晴らしい景色をゆっくり堪能したあと、温泉まで滑り込んで休憩。
久しぶりの鑓温泉!夏は建物があるこの温泉も、冬は吹きさらしの温泉だけ。
もちろん混浴というか着替える場所すらないので、ウエアだけ脱いでタイツめくってザブン。
下半身しか浸かれなかったけれど、あったかくて最高でした。

さて、ここからメインの滑りタイム。正直あまり雪は期待してなかったのだけれど、
気温とかがちょうど良かったのか思いのほか気持ち良い雪!
あまり滑られていない斜面を探しながら、楽しい山スキーを楽しみました。
結構斜度があるところもあって、上級者なお友達によくついてこれるよね、と驚かれながら。
まあ、初心者の割にはやんちゃに滑り込んできたからね。どこでも一応滑れるは滑れるのです。
うまく滑れるかどうかは置いておいて。

下山はなかなかのボッコボコ雪でかなりエキサイティングでした。
意外とこのスリルが好き。
夕暮れまで遊んで、白馬の美味しいジンギスカン屋さんでしこたま肉を食べて帰りました。
たっぷり遊んだ週末でした。

20190926123029f97.jpeg
2019092612311553f.jpeg
20190926123201633.jpeg

猿倉登山口

白馬鑓温泉

猿倉登山口

201909261227246db.jpeg
201909261227255b0.jpeg
20190926122727e35.jpeg
20190926122729620.jpeg
20190926122741b53.jpeg
20190926122742576.jpeg
2019092612274320a.jpeg
20190926122745a38.jpeg
201909261227570d3.jpeg
20190926122759365.jpeg
201909261228006a7.jpeg
201909261228027a4.jpeg
2019092612281399c.jpeg
201909261228141fe.jpeg
20190926122815ff3.jpeg
20190926122817abe.jpeg
2019092612282812f.jpeg
201909261228299ce.jpeg
201909261228319b1.jpeg
20190926122833a04.jpeg
20190926122853351.jpeg
201909261228557ed.jpeg
201909261228564a3.jpeg
201909261228580ee.jpeg
20190926122909f1c.jpeg
2019092612291078d.jpeg
20190926122912f1a.jpeg
20190926122913be0.jpeg
20190926122923c88.jpeg
20190926122926b34.jpeg
20190926122927b10.jpeg
20190926122928be3.jpeg
20190926122938b2f.jpeg
20190926122939fd0.jpeg
2019092612294180f.jpeg
20190926122943ba8.jpeg
20190926123009887.jpeg
20190926123011874.jpeg
201909261230128ef.jpeg
20190926123013e14.jpeg
20190926123026f25.jpeg
20190926123027731.jpeg
20190926123029f97.jpeg
20190926123030ebc.jpeg
20190926123046b37.jpeg
20190926123047c5b.jpeg
20190926123048135.jpeg
201909261231124b5.jpeg
20190926123114e3c.jpeg
2019092612311553f.jpeg
201909261231163f8.jpeg
20190926123144eea.jpeg
20190926123147db2.jpeg
20190926123148ad0.jpeg
2019092612315728a.jpeg
201909261231582b9.jpeg
20190926123200294.jpeg
20190926123201633.jpeg
2019092612321784a.jpeg
20190926123218b16.jpeg
20190926123220b38.jpeg
20190926123221444.jpeg
201909261233562e3.jpeg
20190926123357bc9.jpeg
20190926123358aca.jpeg
20190926123400974.jpeg
2019092612341057b.jpeg
20190926123412ecc.jpeg
20190926123413412.jpeg
201909261234144a9.jpeg
201909261234248c8.jpeg
20190926123426fc8.jpeg
2019092612342713b.jpeg
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply