日々旅遊ぶ

ARTICLE PAGE

四国の旅 石鎚山+寒風山〜笹ヶ峰 2019年5月5日

川仲間のみんなとお別れして、山旅編のはじまり。
まずは四国の最高峰、石鎚山へ。

全国各地の山岳信仰の山、かなり好きです。
ずっと昔から脈々と続いてきた人間の歴史を感じるというか、
登山道にそこを歩いてきた人たちの思いが染み付いているような気がして。
そしてそういう場所になるような山は、やっぱり名峰なんですよね。
石鎚山もやっぱり、さすがだなあと思わせる貫禄がありました。

行きは鳥居を通ってその気になりたかったのでノーマルルートで。
帰りは一緒に川旅をした山屋の高浜さんから教えてもらったバリエーションルートを歩きました。
このバリエーションルートがかなり楽しかった!
山頂までは本当に人がたくさんで、メジャーな山って感じだったけど、
バリエーションルートに入ったとたんとても静かな山に変貌。
険しい景色も、薮だらけの道も、ものすごく魅力的でした。

石鎚山から下山して、午後は寒風山方面へ。
本当はテントを背負って稜線で一泊するつもりだったのだけど、
寒風山方面へ向かう車道がものすごく狭くてまさかの脱輪事件。
かっこいいライダーさんたちに助けてもらって、なんとか脱出できたものの気分は相当撃沈。
時間も取られたしテント背負う気力もなくて、面倒だから日帰りにしました。
登山口にあった素敵カフェでごはんをのんびり食べて、気持ちを持ち直してからの出発。

登り始めは13時半ごろ。こんな時間に登り始めたのは初めてでした。
普通は朝早く登り始めてなるべく早く下山したいし。
朝早いほうが人も少なくて好きなので。
でもこの日は、逆に出る時間が遅すぎてほとんど人と会わなかったのですごく良かったです。
さすがの石鎚山系、どの山もものすごく人が入ってそうだったから、遅め出発正解でした。

人がいなくて幸せ〜とルンルンのんびり寒風山と笹ヶ峰まで歩きました。
笹ヶ峰というだけあって本当に笹ばかりの山。
光に照らされた笹がキラキラしてとても綺麗でした。
稜線から見る山の風景も、良い意味で小さいというか、ヒューマンなかんじ。
とても癒される山歩きでした。

また同じ登山口に帰って車泊、
高い山に登ったわけじゃないのにさすがに午前と午後2本の山登りは疲れてヘトヘトでした。

20190903122603220.jpeg
201909031234351e5.jpeg

6:55 土小屋

8:25 石鎚山

9:00 南尖峰
9:40

10:50土小屋

13:35 旧寒風山トンネル登山口

14:50 寒風山
15:00

15:55 笹ヶ峰
16:15

17:10 寒風山

18:00 旧寒風山トンネル登山口

2019090312232785d.jpeg
20190903122340f9a.jpeg
20190903122341158.jpeg
201909031223435a2.jpeg
20190903122344da3.jpeg
2019090312240902e.jpeg
20190903122411374.jpeg
20190903122412f90.jpeg
201909031224148e0.jpeg
201909031224246e0.jpeg
2019090312242509c.jpeg
201909031224277b9.jpeg
201909031224283fe.jpeg
2019090312244089e.jpeg
20190903122441249.jpeg
2019090312244349c.jpeg
20190903122445c82.jpeg
201909031224594db.jpeg
20190903122500935.jpeg
20190903122501f9d.jpeg
20190903122501d7c.jpeg
20190903122515a24.jpeg
201909031225173fd.jpeg
20190903122518d65.jpeg
2019090312252062c.jpeg
201909031225288d8.jpeg
20190903122531b55.jpeg
2019090312253204e.jpeg
20190903122533eff.jpeg
20190903122545bb6.jpeg
2019090312254694e.jpeg
201909031225488fe.jpeg
20190903122549493.jpeg
20190903122600663.jpeg
20190903122601147.jpeg
20190903122603220.jpeg
201909031226044f0.jpeg
201909031226147f9.jpeg
201909031226154d3.jpeg
2019090312261749b.jpeg
20190903122618d56.jpeg
20190903122628da1.jpeg
201909031226294f8.jpeg
2019090312263154f.jpeg
201909031226322fa.jpeg
20190903122647aef.jpeg
201909031226497d9.jpeg
201909031226506e0.jpeg
201909052018491b3.jpeg



20190903122651d96.jpeg
20190903122704fd7.jpeg
20190903122706cd0.jpeg
201909031227078c4.jpeg
20190903122709402.jpeg
201909031227234b3.jpeg
20190903122724920.jpeg
201909031227259c7.jpeg
201909031227276d7.jpeg
20190903122741eaf.jpeg
20190903122742428.jpeg
20190903122744487.jpeg
20190903122745453.jpeg
201909031233481ba.jpeg
20190903123349ace.jpeg
20190903123351d52.jpeg
20190903123352093.jpeg
20190903123411bb4.jpeg
20190903123413feb.jpeg
20190903123414901.jpeg
20190903123416db6.jpeg
201909031234338f5.jpeg
201909031234351e5.jpeg
2019090312343600b.jpeg
20190903123438f8a.jpeg
201909031234533ce.jpeg
2019090312345505b.jpeg
20190903123456b9d.jpeg
2019090312345724d.jpeg
20190903123514d84.jpeg
20190903123515f70.jpeg
20190903123517a18.jpeg
20190903123518921.jpeg
20190903123537238.jpeg
20190903123538588.jpeg
20190903123540b40.jpeg
20190903123541f7d.jpeg
201909031235594cc.jpeg
20190903123601d47.jpeg
20190903123602340.jpeg
20190903123604146.jpeg
201909031236132d2.jpeg
20190905201851276.jpeg


スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply