日々旅遊ぶ

ARTICLE PAGE

八ヶ岳縦走 190224

諸事情あって更新をサボっていました。
ちょっとやさぐれたくなるときってありますよね。
落ち着いてきたので、そろそろ遅れを取り戻さなきゃ。
いつのまにか3ヶ月も経ってしまいました、、

この日は前の前の週に足を捻挫して、
1週間安静にして土曜日にバックカントリーのツアーに行ったら意外と大丈夫で、
山に行きたくてしょうがなくなって山友達に連絡して八ヶ岳に一緒に行ってもらうことに。
八ヶ岳縦走は一緒に行こうと前々から約束していたので、ようやく叶いました。

ふつうは美濃戸山荘まで車で上がれるのだけど、
冬季で道がかなりアヤシイので美濃戸口から長い長い林道歩き。
八ヶ岳って林道が長いのがあんまり好きじゃなくて足が向かないんですよね。
私はどちらかというと、登山口からいきなり急登で、あとでなだらかになってくれるほうが好きです。
この林道がまた、凍りまくってツルッツル。この日いちばん怖かったのはこの林道歩きでした、、

林道終わって平和な雪道をしばらく歩くと、赤岳鉱泉へ。
随分前に一度泊まったことのある思い出の山小屋。
有名なアイスクライミングのスポットで、この日も大勢の方々がチャレンジしてました。
面白くて30分くらい見学。やってみたいけどどちらかというと、岩山の方に今は興味あります。

赤岳鉱泉から硫黄岳方面に登ってしばらくすると眺望がわーっと開けて、
赤岳、横岳、硫黄岳と見渡せて超テンション上がりました。
この日は未だ行ったことない横岳にも行けるので、ようやく来たぞという感じでした。
硫黄岳山頂へ、この日は2月とは思えない雪の少なさで、天気が良くて気温も高くて、
まるで春のような雰囲気でした。

硫黄岳から横岳へ縦走、横岳方面から見る赤岳が一番かっこいいんだよーと
山友達の健さんが前からずっと言っていて、初めてその景色を見られて大満足でした。
健さんおすすめの切り立った岩の上で休憩。赤岳ほんとかっこいいわー

せっせと歩いて赤岳へ。天狗岳にも行きたかったけど、
林道歩きに時間がかかるのであきらめて下山しました。
いやいやじゅうぶんすぎるほど歩きましたよ。
健さんと歩くと大体下山時に日が暮れるくらいたっぷり遊ぶんですよね。
それだけの山行を一緒にしてくれる友達ほかにいないので、本当にありがたいです。
たくさんおしゃべりしながら丸一日がっつり歩いて、素晴らしい景色を堪能して、
へとへとになって登山口に戻ってきたときの満足感はたまらないです。
1人で歩く山も好きだけど、やっぱり良い景色は一緒に見てくれる人がいたほうがいいよね。

心配していた足も全然大丈夫で、
めでたく完全復活をとげたのでした。

201904251135007e6.jpeg
20190425113832854.jpeg
20190425113922ecf.jpeg

美濃戸口

赤岳鉱泉

硫黄岳

横岳

赤岳

行者小屋

美濃戸口

201904251129533ac.jpeg
20190425112955cfd.jpeg
201904251129562ec.jpeg
201904251129580cf.jpeg
201904251130103f9.jpeg
2019042511301137f.jpeg
20190425113013135.jpeg
201904251130146db.jpeg
201904251130270c3.jpeg
20190425113028bbb.jpeg
201904251130296c0.jpeg
20190425113031424.jpeg
20190425113347480.jpeg
201904251133489d8.jpeg
201904251133498ff.jpeg
201904251133512d8.jpeg
201904251134065c7.jpeg
20190425113408a74.jpeg
20190425113409527.jpeg
20190425113411171.jpeg
2019042511342456b.jpeg
20190425113425765.jpeg
201904251134279df.jpeg
201904251134286df.jpeg
20190425113440743.jpeg
201904251134410c8.jpeg
20190425113443f45.jpeg
2019042511344453c.jpeg
201904251134554fe.jpeg
20190425113457153.jpeg
20190425113458178.jpeg
201904251135007e6.jpeg
2019042511351157b.jpeg
20190425113512c6f.jpeg
20190425113514327.jpeg
20190425113515246.jpeg
20190425113527eff.jpeg
2019042511352873c.jpeg
20190425113529e5d.jpeg
20190425113531a66.jpeg
20190425113542af2.jpeg
20190425113544712.jpeg
20190425113545cf6.jpeg
20190425113547a37.jpeg
20190425113558e1b.jpeg
201904251136003c4.jpeg
20190425113601076.jpeg
201904251136027d2.jpeg
20190425113617cc1.jpeg
201904251136172f5.jpeg
2019042511361958d.jpeg
20190425113620fa0.jpeg
20190425113631272.jpeg
20190425113632c57.jpeg
2019042511363477a.jpeg
20190425113635afc.jpeg
2019042511365088c.jpeg
20190425113651391.jpeg
20190425113653a37.jpeg
20190425113655117.jpeg
201904251138304c9.jpeg
20190425113831aab.jpeg
20190425113832854.jpeg
20190425113834dae.jpeg
20190425113846277.jpeg
20190425113848189.jpeg
201904251138499dc.jpeg
20190425113851cf2.jpeg
201904251139038af.jpeg
2019042511390580f.jpeg
2019042511390688f.jpeg
2019042511390837f.jpeg
20190425113918a3c.jpeg
20190425113919743.jpeg
201904251139212ee.jpeg
20190425113922ecf.jpeg
201904251139342ad.jpeg
201904251139350db.jpeg
20190425113936add.jpeg
20190425113938b45.jpeg
20190425113949bd6.jpeg
20190425113951d1d.jpeg
20190425113952c38.jpeg
20190425113954a00.jpeg
20190425114004859.jpeg
201904251140053dd.jpeg
20190425114007a37.jpeg
20190425114008d3a.jpeg
20190425114025408.jpeg
20190425114027fad.jpeg
20190425114028159.jpeg
20190425114030272.jpeg
20190425114045953.jpeg
20190425114045496.jpeg
20190425114046919.jpeg
20190425114048ad1.jpeg
201904251140593b8.jpeg
20190425114100109.jpeg
201904251141028c4.jpeg

スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply