日々旅遊ぶ

ARTICLE PAGE

蝶ヶ岳 2018年11月24日

今年2度目の蝶ヶ岳。
この日は、3000m級の山は強風の予報だったので、本当は経ヶ岳あたりを狙っていました。
ちょうど前の週に伊那谷をドライブしていたので、伊那谷も北アルプスも見渡せそうな経ヶ岳にとても興味があって。
2000mくらいの山だけれど登山口の標高が低いから登りごたえもありそうだし。
そんな感じでのんびり経ヶ岳でもいくかーと思って朝起きて準備をしていたら、なんだか北アルプスやたら晴れ渡ってきて。
前日雪が降ったようで、うっすら白い雪化粧の最も美しい山の姿。ああいいなあ北アルプス。今日登ったら美しいだろうなあ。

そんなことを思っていたらなんだか今行かない手はない、という気がしてしまって。
そのときすでに7時くらい。経ヶ岳に行くつもりだったから雪山装備ではなかったけど、
急遽雪山装備をぜんぶ引っ張り出して、今年最初の雪登山、いちばん近くて手頃な蝶ヶ岳へ行くことにしました。

真っ白な山に向かって車を走らせると、テンションが上がる上がる。
身体中のみんなが喜んでいる感じがビシビシ伝わってくる。いやあ、ついに来たね雪シーズン。
なんだかんだ登り始めは9時くらい。夏は4時には出るけど、冬は朝寒すぎていろいろ危ないからちょうど良い。
登山口からしっかりと雪景色。ああ来て良かった。とにかくずっと雪が恋しくて。
降りたての軽やかな雪を踏みしめながらどんどん歩く。
雪質は良くてまったく滑らないので、アイゼンも使わず普通に夏山ペースで歩けました。

登り始めは真っ青な空だったけど、山頂に近づくにつれ高曇りになってしまって、ちょっと残念。
そして樹林帯を抜けて山頂付近に差し掛かったあたりで、予報通りの強風!
いやー寒い寒い。それまでロンT一枚で汗かいて登っていたのが、一瞬で死にそう。
いそいで冬山装備をぜんぶ着込んでもまだ寒い。おそるべし北アルプスの強風、、
それでも、蝶ヶ岳山頂からの槍穂高の雪景色はぞくぞくするほど美しく、ああ来てよかったーと、大満足でした。
私のほかにもう一組いた登山者に写真を撮ってもらいました。寒かったからシャッター押すのも大変、ありがとうございました。
寒かったけど震えながらしばらく山頂に滞在して、耐えきれなくなって小屋のほうに移動。
すでに小屋は閉まっているけど、一部は避難小屋的に入れるみたい。
小屋を風よけにして、ベンチで飲んだアツアツのココアの美味しさが忘れられない。
あったかくて甘いものが身体の中に入っていきなりみんな元気になった感じがしました。
冬山で何を食べるかがいつも悩みなんだけど、アツアツのスープとか持ってきてご飯つっこんだりしたら美味しそうだなあとか。
相変わらず食べることばっかり考えておりました。

寒いからココアを飲んでちょっとおしゃべりしてすぐ下山。
帰り道も雪が本当に美しく、最高でした。
下山しながら蝶ヶ岳を振り返ったらさっきまで高曇りだった雲も取れていたので、
ああもうすこし粘っていればよかったなーと思ったけれど、留まっていられないのが冬のツライところですね。

20181211213803292.jpeg
20181211213925a8c.jpeg
2018121121400596b.jpeg
20181211214054a2d.jpeg

08:50 三股登山口

11:50 蝶ヶ岳
12:30

14:30 三股登山口

休憩込み 5時間40分
計5時間
標準8時間20分→×0.60
10.4km

2018121121360780b.jpeg
20181211213608761.jpeg
20181211213609f08.jpeg
201812112136115fa.jpeg
2018121121361265f.jpeg
20181211213631413.jpeg
20181211213633318.jpeg
20181211213634fa4.jpeg
20181211213635e1a.jpeg
2018121121365445e.jpeg
20181211213655bb0.jpeg
2018121121365717b.jpeg
20181211213658db5.jpeg
20181211213712134.jpeg
20181211213714e5b.jpeg
20181211213715f28.jpeg
20181211213717372.jpeg
201812112137286f1.jpeg
20181211213729bb5.jpeg
20181211213731517.jpeg
20181211213732afd.jpeg
20181211213743f03.jpeg
20181211213744605.jpeg
20181211213746ae2.jpeg
20181211213747550.jpeg
201812112137580ea.jpeg
20181211213800c2b.jpeg
201812112138019ce.jpeg
20181211213803292.jpeg
201812112138148af.jpeg
20181211213815b6c.jpeg
20181211213817af1.jpeg
2018121121381861f.jpeg
2018121121382894d.jpeg
20181211213830084.jpeg
201812112138312a7.jpeg
2018121121383319b.jpeg
20181211213845d81.jpeg
20181211213848f26.jpeg
20181211213849c5a.jpeg
201812112139089a8.jpeg
201812112139093e8.jpeg
201812112139101e7.jpeg
201812112139126d0.jpeg
201812112139228b4.jpeg
20181211213923e3d.jpeg
20181211213925a8c.jpeg
20181211213926163.jpeg
20181211214001744.jpeg
20181211214003029.jpeg
20181211214004ad6.jpeg
2018121121400596b.jpeg
20181211214054a2d.jpeg
201812112140563a8.jpeg
20181211214057112.jpeg
2018121121405951b.jpeg
20181211214108a4a.jpeg
201812112141106b2.jpeg
201812112141112dc.jpeg
201812112141131d1.jpeg
20181211214208718.jpeg
201812112142087fb.jpeg
20181211214209e08.jpeg
20181211214211035.jpeg
201812112142221b8.jpeg
201812112142257b0.jpeg
2018121121422695a.jpeg
2018121121422721d.jpeg
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply