日々旅遊ぶ

ARTICLE PAGE

爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳縦走 2018年10月13日

夏の常念岳以来の北アルプス。
北海道に行ったりしていてずいぶん久しぶりになってしまいました。
爺ヶ岳・鹿島槍はわりとうちから近いわりに登ったことのない山。
後立山連峰の登山口はスキー場になっていることが多くて、リフトに乗ってアクセスするのが通常で、
それがとても面倒だったというのが大きな理由でした。
朝、誰もいない山を登るのが好きなので。
でも爺ヶ岳の柏原新道なら、扇沢のちょっと手前から登り始められるので、
早朝出て鹿島槍にも足をのばすことにしました。

4時半、真っ暗な登山口。気温は0度以下、張りつめた空気感。
ああこれが好きなんだよなあと実感する。
種池山荘までの柏原新道では誰にも合わず、じっくりと山を堪能できました。
歩きやすい登山道。とても気持ちよく清々しい朝の時間でした。
登る間ずっと針ノ木岳へ続く鳴沢岳・赤沢岳方面の稜線が見えていました。
まだ行っていなくてとても歩いてみたい道のひとつです。

種池山荘から爺ヶ岳へ。朝日の逆光が神々しい。
安曇野から見るとちょんちょんちょんと王冠みたいに見えるのが爺ヶ岳。
その3つの峰を踏んで、安曇野を見渡しました。会いたい人が来ていた安曇野。
そろそろ着いたかなあなんて。そういう気持ちだけは妙に覚えているから不思議。

爺ヶ岳から鹿島槍へ。とても尾根らしい尾根を歩く道でした。
右側には大町の街並み、左側には剱・立山が聳え立ち、素晴らしい眺望。
そしてとても久しぶりの、晴れ渡った青空でした。
10月の安曇野はずっとお天気がよくなくて。この日の青空にはとても癒されました。

絶景に次ぐ絶景を進んで冷池山荘へ。とても綺麗な小屋でした。
ずいぶんすごい崖の上に建ってるけど、大丈夫なのかなあ。

それからまた進んで布引山。ここから見た鹿島槍の姿がかっこよくてかっこよくて。
久々に見た男らしい山、という印象でした。
そして鹿島槍へ。鹿島槍へ続くザレ道の神々しさはちょっと常念を思い出す。
あのときの特別な気持ちも思い出しながら、山頂へ。
10月ともなると登山者はかなり少なく、静かな山頂でした。
秋山では毎年恒例になってきた鍋焼きうどん。ゆっくりつくってゆっくり食べる。これが美味しくて美味しくて。
かなりのんびりしてから下山しました。
本当は北峰も行くかと思っていたけど、南峰が心地よすぎてダラダラ満足してしまって北はまあいいかということに。
天気も景色も良くて最高の北アルプスでした。

20181113070911aba.jpeg
20181113071120300.jpeg
20181113071207866.jpeg
20181113071346836.jpeg

04:25 柏原新道登山口

06:45 種池山荘

07:20 爺ヶ岳南峰
07:30

08:20 冷池山荘
08:30

09:15 布引山

09:55 鹿島槍ヶ岳
11:10

13:15 種池山荘
13:30

14:55 柏原新道登山口

休憩込み 10時間30分
計 8時間40分
標準 14時間34分→×0.59
20.4km

20181113070655d8b.jpeg
201811130707116e9.jpeg
201811130707128d6.jpeg
20181113070714864.jpeg
20181113070715645.jpeg
20181113070752bd0.jpeg
201811130707545f9.jpeg
20181113070755a5d.jpeg
20181113070757c22.jpeg
20181113070810522.jpeg
20181113070812a43.jpeg
20181113070813c7e.jpeg
20181113070814349.jpeg
20181113070846f8a.jpeg
20181113070848908.jpeg
20181113070849d1d.jpeg
20181113070850b48.jpeg
20181113070907146.jpeg
20181113070908c66.jpeg
201811130709104a3.jpeg
20181113070911aba.jpeg
2018111307092507c.jpeg
201811130709270e6.jpeg
20181113070928d6f.jpeg
20181113070930e75.jpeg
2018111307094509c.jpeg
2018111307094761e.jpeg
2018111307094883e.jpeg
20181113070949d3b.jpeg
20181113071004212.jpeg
20181113071006e59.jpeg
20181113071007498.jpeg
201811130710099e3.jpeg
201811130710229d2.jpeg
20181113071024260.jpeg
20181113071025231.jpeg
20181113071027913.jpeg
20181113071039642.jpeg
201811130710410c0.jpeg
201811130710420eb.jpeg
20181113071044182.jpeg
201811130710580af.jpeg
201811130711003e7.jpeg
20181113071101e8a.jpeg
20181113071103d7f.jpeg
2018111307111607f.jpeg
20181113071118f8a.jpeg
20181113071119e60.jpeg
20181113071120300.jpeg
20181113071141e7b.jpeg
2018111307114325f.jpeg
2018111307114429c.jpeg
201811130711451b3.jpeg
201811130712051cd.jpeg
20181113071207866.jpeg
20181113071208fad.jpeg
20181113071210594.jpeg
201811130712231d7.jpeg
201811130712255bf.jpeg
20181113071226993.jpeg
201811130712284f6.jpeg
20181113071330cfb.jpeg
201811130713316cd.jpeg
201811130713323eb.jpeg
2018111307133405f.jpeg
20181113071346836.jpeg
20181113071348218.jpeg
20181113071349d49.jpeg
201811130713512f0.jpeg
20181113071404437.jpeg
201811130714054be.jpeg
201811130714078ab.jpeg
20181113071408300.jpeg
20181113071426c05.jpeg
201811130714286bc.jpeg
20181113071429230.jpeg
201811130714311bb.jpeg
20181113071444079.jpeg
20181113071447c70.jpeg
20181113071447476.jpeg
20181113071449a5e.jpeg
20181113071459f18.jpeg
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply