日々旅遊ぶ

ARTICLE PAGE

北海道の山旅2日目 ヒサゴ沼〜化雲岳 2018年9月14日

北海道の山旅2日目。
天気が良ければ化雲岳〜五色ヶ原まで歩いてこの日のうちに南沼まで戻っておきたかった。
結果、午後には回復に向かうと言われていたけれどあまり変わらず、
この日も同じヒサゴ沼でもう一泊しました。
沼にいたのは前日から泊まっていた私と北海道在住のお兄さんと東京在住で北海道の山々を旅している男の子の3人。
避難小屋から朝出かけて行く人は何人かいたけれど、この日ここに来た人は1人もいなくて、ずっと3人だけ。
なんだか無人島に流れ着いたような気分、世界に3人しかいないような、不思議な1日でした。
そしてこの、悪天候によりやむなく停泊するという1日が、とてつもなく素晴らしかったのです。

朝。夜中じゅう降り続いた雨と風で疲れきって、遅めの朝食。
予報では午後には回復するというけど、午後って何時だろうと思っていたら、
いきなり晴れ間が広がってきた。
おおお、予想外に早く回復かと思って急いでテントを撤収したものの、そう上手くは行かず。
東側の山は晴れているのに、肝心の化雲岳方面はガスガスのまま。風も強そう。
テントや装備を干したりしていたら雨もパラついてきたので避難小屋へ。しばらく動けそうもない。
その日沼にいた3人でずっとおしゃべりして過ごしました。

毎年ヒサゴ沼に来ているというお兄さん。トムラウシよりもこの沼や化雲岳のほうが素晴らしいと言う。
東京に住んでいて関東近郊の山は登っていないのに北海道の山ばかり旅しているという男の子。
旭岳からずっと縦走してきて、十勝の方まで行くんだって。なんと羨ましい。
山や旅が好きな人と話していると、いくら話しても飽きない。
晴れない稜線を眺めながら、あの雲が去ったらきっと晴れる、とか言いながら、
一日中空を見てぼんやり過ごしていました。
今思えばなんて平和なんだろう。ずっと空と山と沼を眺めて、おしゃべりしたり散歩したり。
時折出てくる太陽の日差しが暖かくて、太陽に照らされた瞬間の沼が本当に綺麗で、
山の中の特別な場所、ここだけが安全安心な楽園のような気がするくらい、素晴らしい場所でした。
化雲岳や五色ヶ原からの眺めも楽しみにしていたから、動けないのはとても残念だったけど、
お昼になるころにはすっかり諦めモードで、この場所でのんびりするのがいちばんの贅沢だという気持ちになっていました。

水を汲みに行ったり、沼の反対側まで散歩したり、何も考えず写真を撮ったり、
ただひたすら沼を見つめたり、熊を探してみたり。
平和で尊い時間。山の上に水があるというのは、本当に豊かで美しい。

それでも諦めきれないお兄さんが、化雲岳に登って行ったので、私と男の子も後を追う。
ガスガスだったけれど、道中のチングルマの紅葉が本当に素晴らしい。
うっとりしながら、たまに沼の方を振り返ったりしてゆっくり進む。
化雲岳山頂では、大岩に登るお兄さん。あんなとこ登るのか!
1人だったら絶対行かないけど、連れられて私も上まで。
上から見下ろした谷の紅葉の風景が素晴らしくて、360度見渡せるはずの眺望はなかったものの、
ピンポイントで見える山々の美しさに感動しました。
でもやっぱり、ガスが晴れて欲しいのだけれど。それは叶わず、みんなで下山しました。

次の日は絶対に知床まで行かなければいけないので、早朝出発。
ヒサゴ沼から直接帰れば時間的に無理はなかったけれど、明日の朝がいちばん晴れそう、
どうしても化雲岳から見えなかった景色が見たい。ますます早起き。
テントの撤収も面倒なので、この日は避難小屋に泊まりました。
寝る直前までいろいろな話をしながら。本当に楽しかった。
天気は良くなかったけれど、とても良い1日でした。

3日目に続く

201809272021269ca.jpeg
201809272026005ae.jpeg
2018092720263764d.jpeg

ヒサゴ沼

化雲岳

ヒサゴ沼

2018092720171173a.jpeg
20180927201712e51.jpeg
201809272017134dd.jpeg
20180927201715603.jpeg
20180927201803e05.jpeg
201809272018062a0.jpeg
201809272018079c7.jpeg
2018092720180813f.jpeg
20180927201828d0d.jpeg
20180927201829180.jpeg
20180927201831525.jpeg
201809272018327b3.jpeg
2018092720190815e.jpeg
20180927201909c93.jpeg
201809272019109f9.jpeg
20180927201912ad1.jpeg
20180927202010cc1.jpeg
20180927202012ba4.jpeg
20180927202014f41.jpeg
201809272020155ac.jpeg
20180927202124c31.jpeg
201809272021269ca.jpeg
20180927202127186.jpeg
20180927202129966.jpeg
20180927202248895.jpeg
20180927202249c22.jpeg
201809272022510b2.jpeg
20180927202253483.jpeg
2018092720231265f.jpeg
20180927202313b96.jpeg
20180927202315880.jpeg
20180927202316b58.jpeg
20180927202359797.jpeg
20180927202401fab.jpeg
201809272024033db.jpeg
201809272024041ac.jpeg
201809272024218f4.jpeg
20180927202423b0e.jpeg
20180927202425a33.jpeg
201809272024267f9.jpeg
201809272024553e4.jpeg
20180927202457e5b.jpeg
20180927202458a0a.jpeg
201809272025002b8.jpeg
20180927202557329.jpeg
201809272025582cb.jpeg
201809272026005ae.jpeg
2018092720260207f.jpeg
20180927202617187.jpeg
20180927202618f4c.jpeg
2018092720262068a.jpeg
20180927202621638.jpeg
2018092720263764d.jpeg
20180927202638cbb.jpeg
201809272026406ae.jpeg
20180927202641bbd.jpeg
2018092720265452d.jpeg
20180927202655129.jpeg
20180927202657061.jpeg
201809272026589eb.jpeg
2018092720290898e.jpeg
20180927202909908.jpeg
20180927202911eef.jpeg
2018092720291295f.jpeg
20180927202932c05.jpeg
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply