日々旅遊ぶ

ARTICLE PAGE

中房温泉ヒルクライム 2018年8月4日

山や川の魅力は大抵の人にわかってもらえる、想像してもらえるのだけれど
自転車で山を登るというこの遊びは、つらそう、しんどそう、とちょっと変態扱いされることが多い。
でも楽しいんです、気持ちがいいんですよ。
ただひたすら登るという登山よりもさらに単調なこの遊びが、
やる前はわりと面倒なのにいざやってみると毎回ものすごく気持ちいいものだから、
私は自分に負荷をかけ続ける運動がただ単純に好きなんだろうと思います。

東京に住んでいたころは自転車の運搬もあるし足もないし、年に一度の富士山以外はなかなかできなかったのだけれど、
安曇野に住んでいるともなれば話は違うのです。
今までのような面倒さもなく、自転車の前輪だけ外して車に突っ込めばどこにでも行ける。
今回は、一番行ってみたかった登った先に温泉がある中房温泉のルートへ。
距離は富士山よりちょっと短め。
麓には登山者用の駐車場もあっていろいろ丁度良いのです。

中房温泉へ至るルートは富士山よりもだいぶ勾配がきつくてクネクネ曲がった道の連続、
全く飽きないわくわくするルート、とても楽しかったです。
何度も中房川を横切るのも、涼しくて気持ちがいい。
川は見ているだけで癒される。川の音も大好き。いいなあいいなあ。
たくさんすれ違う登山者の車、みんな微笑んでいくのが面白い。
相当変態に見えるんでしょうね。あきらかにえげつない勾配を登っている変なひとたち、、

中房温泉に着いたら、びっくりするくらいの登山者の数。
燕岳から下山して来た人達の満足感いっぱいの笑顔がたまらない。
天気も良かったし、最高だっただろうなあ。
ひさびさに入った中房温泉はやっぱり良いお湯。
温泉前のソフトクリームと温泉後の牛乳、美味しかったなあ。
温泉入ってさっぱりしたあと、一気に山を自転車で下るのが、ものすごーく気持ちよかったです。
でも、猛暑で気温が高いからよかったけど、いつもの安曇野だったら寒かったかなあ。

家の近くで楽しく遊べることが、とても嬉しくてありがたい。
ここ数年は、東京で働いて土日は山に出掛けて、家で過ごす時間なんて本当に無くて、
東京にいる間はそれでも良かったんだけれど。
安曇野に来てから、家にいる時間が本当に幸せなので。
家の片付けをしたり、草むしりしたり、畳でごろごろしたり、それだけでものすごく良い時間が過ごせて、
遠くからいろんな友人が遊びに来てくれるのもあって、
むしろ積極的にそっちにも時間をかけたいので、丸一日時間を取られる遊びもいいけれど、
この、ちょっと自転車で登ってくる!くらいの、気軽かつ半日程度の遊びというのは、
今とてもとても丁度良いのでした。
一生懸命遊びに出掛けなくても幸せな状況に身を置けたということ。
がんばって人生方向転換してよかった。

20180809074055f73.jpeg

08:30 中房温泉登山者駐車場

10:30 中房温泉

2018080907400724b.jpeg
20180809074008cf8.jpeg
20180809074009d52.jpeg
20180809074011cfe.jpeg
201808090740403f4.jpeg
20180809074041bd7.jpeg
2018080907404251b.jpeg
20180809074043a0e.jpeg
20180809074055f73.jpeg
201808090740564d8.jpeg
20180809074058229.jpeg
20180809074059767.jpeg
20180809074107cf8.jpeg
20180809074109729.png
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply