日々旅遊ぶ

ARTICLE PAGE

涸沢〜北穂高岳〜涸沢岳 涸フェス+穂高縦走2日目前半 2018年7月27日

翌朝。テントから空を見上げると、満天の星空。今日は晴れそう!
準備をしてまだ薄暗い4時15分ごろに涸沢を出発。
だんだん夜が明けるのが遅くなってきたかんじ。
北穂高岳を目指してどんどん歩く。次第に穂高が朝焼けに染まっていく。
朝焼けにうっとりしながら、岩岩しい登山道を集中して進む。
昨日の涸沢までのルートは、昼に出たのもあって、大勢の人を追い越さなきゃいけなくてとても疲れたけれど、
早朝発だと1人2人最初に追い越してしまえばあとは誰にも会わないので、思う存分歩くことに没頭することができるのです。
山でいちばん好きなのはこういう時間。集中して集中してとにかく歩いて、
その集中も凌ぐくらいの絶景がでてきたときに、立ち止まって写真を撮る。
早朝ならではの贅沢な時間。

北穂に至る道はとても素晴らしかった。
険しいけれど危なくはなく、岩岩しいけれど足元にはお花がたくさん咲いていて、
懐の深さを感じる山の雰囲気。穂高は岩そのものがなんとも言えず美しい。
登っていくと北穂高岳山荘が見え、左にはこれから行こうと思っている涸沢岳〜奥穂高岳に続く稜線と、涸沢カールの美しい地形。
山頂に着く前にすでにおなかいっぱいの絶景。幸せな朝。
山頂に着くと、槍ヶ岳方面の眺望が素晴らしい!2年前はガスガスで見れなかった景色。
リベンジを果たせて感無量。大キレットを穂高側から見てみたかったのです。
空がとても澄んでいて、びっくりするほど遠くまで見渡せる。
真正面に槍ヶ岳。左手前には笠ヶ岳。奥に続く大好きな裏銀座の山々。針ノ木蓮華の稜線、その奥に爺ガ岳、鹿島槍、白馬三山。
朝日の方面には常念山脈。ちょうどうちから見るのと逆向きの見え方。
昔は山に登って山を見ても地図を見たり人に聞いたりしないとどれがどの山かよくわからなかった。
北アルプスをよく歩くようになって、自分の歩いた山は地形が頭に入るので、
遠くからみてもあの山だということがわかるようになった。その感じがとても嬉しい。

北穂山頂をしばらく独り占めしてから、
この山旅の核心部、北穂高岳〜涸沢岳への稜線へ。
大キレットやジャンダルムのように名前が付いている訳でもないけれど、
知る人ぞ知る難ルート。あとで庄太郎さんに聞いたら大キレットより危ないらしい。
2年前、逆向きにこのルートを歩いたとき、ガスが出てきちゃって見渡せなかった景色を見たくてもう一度歩いてみました。

泊荷物を涸沢に置いてきたので、とても身軽。
身軽なら難ルートも特に難しくはなく、調子よく歩けました。
泊荷物持ってもこういう場所を余裕で歩けるように、もうちょっと重い荷物に慣れたいところ。
それにしても直登。ほぼ垂直に登っている気さえする。写真を撮ってもすぐ上が見えないくらい。
足がすくむくらい怖い瞬間もあり、涸沢岳に着いたときは、安堵と達成感でいっぱいでした。
今まで自分の歩いてきた道の険しさと美しさにに惚れ惚れする。
2年前より随分余裕で歩けたことにも、自分の成長を感じて、とても嬉しかったのでした。

長くなったので、後半に続く

20180729220632856.jpeg
20180729221203cfb.jpeg

04:15 涸沢テント場

06:10 北穂高岳
06:45

08:10 涸沢岳

20180729220355c09.jpeg
2018072922035638e.jpeg
20180729220408b49.jpeg
20180729220410c53.jpeg
20180729220411bc5.jpeg
20180729220413a26.jpeg
20180729220427fac.jpeg
201807292204296e5.jpeg
201807292204308eb.jpeg
20180729220432ed1.jpeg
201807292204433b1.jpeg
20180729220445939.jpeg
20180729220447664.jpeg
20180729220448aac.jpeg
20180729220459c07.jpeg
20180729220501e38.jpeg
2018072922050291f.jpeg
20180729220504332.jpeg
201807292205224d3.jpeg
2018072922052391d.jpeg
2018072922052547f.jpeg
201807292205267fe.jpeg
201807292205397fe.jpeg
20180729220540413.jpeg
2018072922054267b.jpeg
20180729220543ef5.jpeg
20180729220554db4.jpeg
20180729220556ada.jpeg
201807292205574f6.jpeg
201807292205592b7.jpeg
201807292206149ef.jpeg
20180729220615841.jpeg
20180729220617317.jpeg
20180729220618e19.jpeg
20180729220632856.jpeg
20180729220633b96.jpeg
20180729220635129.jpeg
20180729220636af9.jpeg
20180729220648d5c.jpeg
20180729220649238.jpeg
20180729220651d15.jpeg
201807292206529f3.jpeg
20180729220706368.jpeg
20180729220708978.jpeg
20180729220709bcc.jpeg
20180729220710200.jpeg
201807292207232a6.jpeg
20180729220725307.jpeg
20180729220726e4a.jpeg
20180729220728ac3.jpeg
20180729220742752.jpeg
20180729220744b25.jpeg
20180729220745557.jpeg
201807292207470c3.jpeg
2018072922080367e.jpeg
201807292208054b4.jpeg
20180729220806e99.jpeg
20180729220808555.jpeg
2018072922104901a.jpeg
20180729221050561.jpeg
20180729221051946.jpeg
20180729221053eac.jpeg
20180729221108518.jpeg
201807292211109d2.jpeg
201807292211111ab.jpeg
201807292211128e9.jpeg
20180729221122a72.jpeg
20180729221124485.jpeg
2018072922112505f.jpeg
201807292211275a5.jpeg
20180729221137111.jpeg
20180729221139508.jpeg
20180729221140aee.jpeg
20180729221141b8a.jpeg
20180729221158f36.jpeg
20180729221200ed2.jpeg
20180729221201a18.jpeg
20180729221203cfb.jpeg
2018072922121909c.jpeg
201807292212208cf.jpeg
201807292212220a6.jpeg
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply